現在のページ

  1. ホーム
  2. 左京区街角日記
  3. 住宅を解体した場合、その廃材は利用されているのですか?

京都市左京区街角日記

最新の京都市左京区の地域情報や、よくあるご質問、左京区に住む方々からのお声など、旬な左京区の情報を、イトー住販のスタッフがいち早くお届け致します。

住宅を解体した場合、その廃材は利用されているのですか?

住宅を解体した時、発生する木くずは廃棄物処理法という法律によって
産業廃棄物としての扱いとなります。

このため、住宅の持ち主が住宅を解体しようとする場合は、解体費用に廃棄物の処理費用を上乗せした額で解体業者にお願いしなければなりません。
解体業者は、解体材を廃棄物処理業者に処理費用を支払い引き取ってもらうことになります。廃棄物処理業者は、廃棄物処理法に基づき、最終処理を行うことになるのです。

Q&A:建物・建物構造について

左京区不動産NETメニュー

マッチングメールシステム会員登録

会社案内

不動産情報センタープラネット 有限会社イトー住販

〒606-0953 京都市左京区松ヶ崎海尻町5番地

tel. 075-722-5100

fax. 075-722-5101

左京区はこんな所です。

春は哲学の道の桜、夏は大文字、秋は紅葉、見所いっぱいの京都市左京区!

トップへ戻る